プロヴォーク / Provoke(Steidl & Edition 7L)

プロヴォーク / Provoke

¥11,000(¥10,000 + tax)

Publisher/Steidl & Edition 7L

   Published/2001
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/-
Google Translate
写真とエッセイ及び詩をベースに、1968年11月に創刊された同人誌『プロヴォーク / Provoke』。メンバーは、多木浩二(評論家)・中平卓馬(写真家・批評家)・高梨豊(写真家)・岡田隆彦(詩人)の4名でスタートして、第2号より森山大道も参加しています。同人誌としては3号まで刊行、その後総括集的に発表した「まずたしからしさの世界をすてろ」(1970)を最後に解散した伝説の同人グループ。多木・中平という「言葉」をベースとした2名を中核としているところもユニークで、ヴィジュアル・テキスト(写真と言語)の双方向から「挑発的な思想」を唱え続けていました。リアリズムやドキュメントのような「公」的記録ではなく、「私」的なアプローチから「写真とはなにか」「映像とはなにか」「言葉とはなにか」と問い続けたプロヴォーク。その映像的・言語的表現は、写真関係のみならず、美術・芸術等様々な側面から評価されています。尚、2018年には日本の二手舎より復刻版が刊行されていますが、本書は、2001年にSteidl & Edition 7Lより(『Japanse Box』発売時に)刊行されたReprint版です。
<Related Artists> プロヴォーク / Provoke
<Condition> 本体:カバー少スレ
order
order

TOP