海町 / Umimachi(Second Edition)

尾仲 浩二 / Koji Onaka

¥4,000 + tax

Publisher/スーパーラボ

   Published/2011
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/190*240*13
Google Translate
日本を代表する写真家のひとりである尾仲浩二の作品集『海町 / Umimachi(Second Edition)』。1980年代後半、30歳前に西新宿の青梅街道沿いに面した片隅で、写真家・藤田進とともに自主ギャラリー「街道」を立ち上げた尾仲浩二。行く果ても定かでないまま、自身の故郷・九州をはじめ、日本の原風景をモノクロでとらえたランドスケープ作品をギャラリーで発表し続け、それらの一連をまとめたのがファースト・ブックで、尾仲の代表作『背高あわだち草』(1991)。その後、アサヒカメラで連載を重ね、1996年に写真集としてまとめた第2作『遠い町 / Distance』。以降も『slow boat』(2003)など数々の名作を創作してきた尾仲ですが、こちらは1990年代初頭に三陸地方を旅した際に撮影した図版で構成された一冊。ここに収録された風景は、東日本大震災により多くが失われてしまいましたが、原風景とその美しさを後世に残すと共に、この町そしてこの町の人々に捧げるべく、尾仲は震災の同年に本書を発表しています。第2版。
<Related Artists> 尾仲 浩二 / Koji Onaka
<Condition> 本体:経年並み
order
order

TOP