虚実空間-都市 -Cities Space Between Real and Unreal-(Signed)

有野 永霧 / Eimu Arino

SOLD OUT

Publisher/Self-Published(私家版)

   Published/1983
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/240*250*18
Google Translate
日本の写真家・有野永霧の写真集『虚実空間-都市 -Cities Space Between Real and Unreal-(Signed)』。本名は有野正紀。大阪学芸大学英文科卒業後、中学校教諭を経て、1970年代半ばより写真家としての活動を開始した有野永霧。岩宮武二に師事し70年代後半よりエキシビジョンを開催、本書は1983年に私家版で刊行された記念すべき1st写真集。「都市」と「人間」の関係性を追求し、時に人間でなく都市側の視点に立って、「都市の意識」を描写し続けている有野永霧の初期代表作。ニューヨーク、ロンドン、パリ、大阪、神戸等の大都市で撮影されたスナップで構成されており、リフレクションを効果的に用いた都市と人間のコントラストや多面性がユニークで興味深い。図版を通して、人間以上にモノや都市が何かを訴え、働きかけてくるような錯覚に陥ってしまうほどの奥深い作品の数々。写真家サイン入り
<Related Artists> 有野 永霧 / Eimu Arino
<Condition> ジャケット:少スレ・少イタミ
本体:天・地・小口少ヤケ及び少ヨゴレ、見返し少イタミ
order

TOP