Photography After Frank

Philip Gefter

¥1,000 + tax

Publisher/Aperture

   Published/2009
Format/ソフトカバー   Pages/223   Size/223*163*13
Google Translate
アメリカの作家で写真評論家としても名高いフィリップ・ジェフターによる作品集『Photography After Frank』。ニューヨーク・タイムズのライターとして、またロバート・メイプルソープの才能を見出したサム・ワグスタッフのバイオグラフィーなども発表しているフィリップ・ジェフター。本書は、そのタイトルの通りロバート・フランク(の『The Americans』)後の写真の歴史をまとめた一冊です。1958年そして59年に発表され、当時はアメリカ人からも批判を受けたフランクの「アメリカ人」。それが写真関係者を中心に「新たな潮流」として認められはじめ、フリードランダーやウィノグランドといった「コンテンポラリー」な写真家に「ソーシャル」に引き継がれ、さらにはエグルストンやショア、そしてスターンフェルドらによってカラーとしても引き継がれていきました。そして、ゴールディンら「プライベート」な要素も加えられながら、21世紀にはライアン・マッギンレーがその歴史を受け継ぎながらも新たなスタイルを築いていきます。そんなアメリカ写真の歴史がまとめられた貴重な一冊です。テキストは英語。全223ページで写真図版は約50ページ。
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヨゴレ・縁少イタミ
order
order

TOP