曼陀羅 アフリカ日記

山路 清美 / Kiyomi Yamaji

¥19,000 + tax

Publisher/Self-Published(私家版)

   Published/1976
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/210*300*5
Google Translate
日本の写真家・山路清美の作品集『曼陀羅 アフリカ日記』。1946年鹿児島県生まれ、武蔵野美術大学を卒業後、東京綜合写真専門学校で写真を学んだ後、1970年前後より写真家としての道を歩み始めたという山路清美。70年代後半以降は日本を離れ、パリに移り住み、以来フランスを拠点に世界各地を取材してまわりながら、アーティストとしての活動を行なっていたそうです。カメラ毎日の1970年11月では「競作〈過ぎた夏〉東北」というテーマで、同じく東京綜合写真専門学校出身の鈴木清らと競演しています。本書は1976年に上梓した自費出版による写真集『曼陀羅 自写像 1969』らに続く第3作目。1973年から74年にかけて、男性数名とアフリカ大陸・南北横断の旅をした際の「記録」としてまとめられたフォト・ダイアリー。モロッコのマラケシュから南アフリカ共和国のケープタウンまで、約4ヶ月強の間に撮影された写真が時系列でレイアウトされており、巻末にはコンタクトも収録されています。別冊「アフリカ日記」(日本語テキストのみ)付属。
<Related Artists> 山路 清美 / Kiyomi Yamaji
<Condition> 本体:カバー少スレ・少キズ、縁少イタミ
order
order

TOP