東京ストリート・スタイル展 / Tokyo Street Style

-

¥3,800 + tax

Publisher/-

   Published/-
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/183*298*10
Google Translate
東京・丸の内に位置し、国際会議、式典、学会、展示会、コンサート、ミュージカル、ファッションショーなど、幅広いジャンルのイベントが開催されるコンベンション&アートセンター「東京国際フォーラム」。本書は、その1997年の開館記念事業として行われた「東京ストリート・スタイル展 ストリート・ファッションの50年」の図録です。1945年から1997年までを対象に、「戦後の街に現れたアプレ族から、いまも渋谷センター街で元気に遊ぶコギャルまで、半世紀におよぶ東京のファッションと風俗を再構成したもの」(本書より)。戦後の物質社会を背景に、短い青春を刹那的に謳歌する「太陽族」や、アメリカのビートニクスに刺激され、新宿のジャズ喫茶にたむろする「ビート族」、銀座のみゆき通りを跋扈した「みゆき族」、山本耀司の「ワイズ」が火付け役となったされる黒づくめのスタイル「カラス族」、90年代のボディコンやストリート・カジュアルなど、時代ごとのトレンドを紹介されています。写真は少ないですが資料として役立つ1冊です。
<Related Artists> コム・デ・ギャルソン
<Condition> 本体:経年並み  
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP