European Diary 1983. 1984.

北島 敬三 / Keizo Kitajima

¥6,600(¥6,000 + tax)

Publisher/Little Big Man

   Published/2019
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/175*275*35
Google Translate
戦後日本を代表する写真家・北島敬三の作品集『European Diary 1983. 1984.』。現在の北島は、定期的に写真展・写真集として発表し続けている『Untitled Records』の通り、「風景」を通じて事物・事象を語りかけるスタイル。一方で、初期70年代は、師事した森山大道を彷彿とさせるアレ・ブレを駆使した粒子の粗いモノクロが中心で、森山曰く「ストリート・スナイパー」の異名を取るほど、インパクトの強い図版が特徴的でした。今回発表された「ヨーロッパ」の作品は、北島が従来の創作に違和感を感じ始め、新たな写真の表現方法や向き合い方を模索していた「ニューヨーク」以後、ヨーロッパを旅した際に撮影された図版で構成されており、その多くが未発表作品です。また初期時代は、撮影した当日にはプリントして翌日には展示する、まさしく「特急便」スタイルでしたが、こちらは、撮影後35年の月日を経て発表されています。常に、写真の「時間軸」を意識する北島の意識の心底にも触れられる一冊です。500部限定。
<Related Artists> 北島 敬三 / Keizo Kitajima
<Condition> 本体:経年並み
order
order

TOP