Keikichi MATSUOKA Photographs -場所/Field/Endroit/Raum-

松岡 桂吉 / Keikichi Matsuoka

¥11,000(¥10,000 + tax)

Publisher/Self-Published(私家版)

   Published/1981
Format/ソフトカバー&スリップケース   Pages/-   Size/270*220*15
Google Translate
日本の写真家・松岡桂吉の作品集『Keikichi MATSUOKA Photographs -場所/Field/Endroit/Raum-』。松岡桂吉のキャリアの詳細は定かではありませんが、1980年前後には各種美術誌に取り上げられ、松岡正剛らに「写真界の電界派」と評され、街の至るところに点在する「電信柱」のみを撮影した図版を、ベッヒャー夫妻のタイポロジーのごとく創作していました。以下写真家テキストより「あたかも世界標準時がグリニッジ天文台によって規定されているように、この電信柱シリーズ『場所』も、たったひとつの『基準原器』がある。それは、人類史上初めてあの月に降り立ったアポロ11が、地球に持ち帰った一連の『月面写真』なのである。私は、つねにアポロの月面写真を我が念頭に置き、しばしば机の上の電信柱の写真と並地して見比べながら、この作品における全作業を遂行した」。コンセプチュアル・アートの作品群で、戸田ツトムの装幀が「ミニマリズム」的要素を一層際立たせた異色の写真集。
<Related Artists> 西川 潔 / Kiyoshi Nishikawa
<Condition> スリップケース:少ヤケ・少シミ・少ヨゴレ
本体:余白少ヤケ・少ヨゴレ
order
order

TOP