プラハ侵攻 1968 / Prague Invasion 1968

Josef Koudelka

¥6,000 + tax

Publisher/平凡社

   Published/2004
Format/ソフトカバー   Pages/295   Size/250*320*23
Google Translate
チェコを代表する写真家ジョセフ・クーデルカの写真集『プラハ侵攻 1968 / Prague Invasion 1968』。世界の多くの写真家から賛辞を受け続けるフォト・ジャーナリスト。クーデルカは、1968年ソビエト連邦主導・ワルシャワ条約機構軍の軍事介入によるチェコ侵攻時の記録を写真に収めました。やがてプラハの春の変革運動が終焉を迎え、国が正常化政策を推し進めたことにより、収めた写真の公開は死を意味する状況となったため、彼は知人を通じて秘密裏に写真を国外へ持ち出しました。その写真は、やがて当時のマグナム・フォトの会長エリオット・アーウィットの手に渡り、翌69年チェコの匿名写真家の記録として公開され、クーデルカは匿名のまま「ロバート・キャパ賞」を受賞するという伝説を作りました。74年にはアーウィットの推挙によりマグナムのメンバーとなり、84年にはこれらの写真が自身の作品であることをはじめて公表しました。本書は、2011年に東京都写真美術館で行われた「ジョセフ・クーデルカ プラハ 1968」展に際して行われた図録です。
<Related Artists> Josef KoudelkaMagnum Photos
<Condition> ジャケット:少スレ・少イタミ、本体:経年並み
order
order

TOP