荒木経惟写真全集9 私日記・世紀末 / Private Diary 1999(Signed)

荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki

¥8,000 + tax

Publisher/平凡社

   Published/1996
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/225*155*15
Google Translate
戦後日本を代表する写真家・荒木経惟の作品集『荒木経惟写真全集9 私日記・世紀末 / Private Diary 1999(Signed)』。平凡社より刊行された全20冊からなる写真全集シリーズの第9作目。全8作目の『私日記・過去』に続いて、フィクションの日付入り写真シリーズ。前作は、16年間分をたったの2年間でまとめあげた風で、その他、撮影した時と作品集が出来上がる時を同じタイミングにした「A日記」などもあり、日付遊びは荒木流の写真遊び。「世紀末」と銘打ったのは、カメラのダイアルの最後の数字が「99」であったからとのこと。カメラはティアラで、28ミリのレンズで撮影。前作は全モノクロでこちらは全カラー。写真全集2の裸景で、ホテルで服を脱ぎ捨てる瞬間の女性を収めたヌードがカバーの表紙を飾っていますが、その女性は作家の山田詠美。その山田が、自身のヌードが表紙を飾ったことを知った時の心情と共に、本書のあとがきを綴っています。写真家サイン入り
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> ジャケット:少スレ、本体:経年並み
order
order

TOP