角笛がきこえる -牛と人と自然と-

松本 寿 / Hisashi Matsumoto

¥1,500 + tax

Publisher/新日本海工房

   Published/1981
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/208*228*15
Google Translate
日本の写真家・松本寿の写真集『角笛がきこえる -牛と人と自然と-』。1923年生まれ、1971年に誕生した福井県奥越高原牧場の初代場長となり、牧場へと勤務し始めるとともに写真を始めたという松本寿。1975年には全日本写真連盟会員となり、当時福井県を担当していた写真家の柳澤一郎に師事し、指導を受けていたそうですが、福井で行われる公募や写真展で入賞や大賞を果たすなど、写真をはじめてから数年で結果を残すまでに至っています。本書は、松本が牧場で生活した6年間の月日に撮られた、牛や牧歌的な風景とともに風土(とくに冬の豪雪)を記録した作品集。約8000枚の中から100枚を選び出す編集や構成は柳澤が手がけていますが、本書の中で「1枚の写真としては余り目を引くものではありませんでした」と率直に述べつつ、「牛と人間と自然」を主題にした膨大な作品群からあふれる情念、そして「きびしい風土に生きる人間の、たくましいいきざま」をてらいなく切り取った、素朴でいて、力強い松本の写真を讃えています。
<Related Artists> 北井 一夫 / Kazuo Kitai
<Condition> ジャケット:少スレ・縁少イタミ
本体:天・地薄シミ、見返し謹呈のし紙貼付
order
order

TOP