印度亜大陸 神様にいちばん近い人たち

石田 紘一 / Koichi Ishida

¥6,000 + tax

Publisher/Self-Published(私家版)

   Published/1999
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/222*252*15
Google Translate
日本の写真家・石田紘一の写真集『神様にいちばん近い人たち』。1943年北京に生まれ、現東京工芸大学卒業時より長野重一に師事し、22歳よりフリーランスとして活躍を続ける石田紘一。これまでに日本の僻地にある山村や中国・東南アジアを中心として作品創作を行い、表層的な美しさのみならず、図版に宿る背景やストーリーを伝える表現力に富んだ作風が魅力的で、ジャーナリズムとドキュメンタリーが交錯する独自のスタイルによって、これまで数々のエキシビジョンや写真集を発表してきています。本書は、1971年に刊行された石田の1st写真集『バラモンとジャンタ』と同時期である1967年から1998年に、インドを中心にネパールやバングラデシュ、パキスタン、スリランカで撮影された写真で構成されたものです。都会から村々まで、様々な人々にレンズを向け、飾らない姿を写し出しています。仙人のような老人から無垢な子どもたちの姿まで、そこには彼の地ならではの強い生命力を感じさせます。
<Related Artists> 石田 紘一 / Koichi Ishida東松 照明 / Shomei Tomatsu
<Condition> ジャケット:少ヨゴレ
本体:地少スレ・少ヨゴレ、見返しシール跡
order
order

TOP