The Girl Next Door

Richard Prince

¥8,000 + tax

Publisher/Hatje Cantz

   Published/2000
Format/ソフトカバー   Pages/64   Size/220*150*8
Google Translate
現在のコンテンポラリー・アートを代表するアーティストのひとりであるリチャード・プリンスの作品集『The Girl Next Door』。70年代からマスメディアや広告、アートやアメリカン・ポップカルチャーといった膨大なイメージを用いて作品を制作してきた写真家であり、画家でもあるリチャード・プリンス。本書は、2000年にロスとウィーンで同時期に開催された個展(「Upstate」と「4☓4」)にあわせて刊行された作品集です。「4☓4」は、今はなき光琳社から1997年に同名の写真集も刊行されており、田舎町に居を移したプリンスが写した日常の光景をまとめたもので、また同じく90年代の後半に撮られた作品「Upstate」も、移住したニューヨークの北部を意味するものだと思われます。牧歌的というよりも寂れた田舎町の風情を切り取っており、人気のないガレージと忘れ去られたようなバスケットゴールという組み合わせが象徴的に写されています。都市郊外のありふれた光景(つまりGirl Next Door的な)を、アイロニカルに表しているといえるかもしれません。
<Related Artists> Richard Prince
<Condition> 本体:経年並み
order
order

TOP