Streetwise

Mary Ellen Mark

¥15,000 + tax

Publisher/Aperture

   Published/1992
Format/ソフトカバー   Pages/75   Size/280*255*10
Google Translate
アメリカの女性写真家マリー・エレン・マークの写真集「Streetwise」。ペンシルバニア大学で絵画・歴史を学び、後にフォト・ジャーナリズムを学んだマリー・エレン・マークは、「病人」「サーカス団」「家出少年・少女」と言った社会の主流から隔絶したアウトサイダーや、「マザー・テレサ」等に関する時事問題に焦点を当てたポートレート作品をこれまで多数発表してきており、その人間味に溢れた作品群は世界的に高い評価を得ています。本書は、女性病棟をテーマとした「Ward81」と並び、彼女の代表作に数えられる作品で、シアトルの家出少年・少女をドキュメントした写真集。後に彼女の夫で映画監督でもあるマーティン・ベルによって映画化されています(邦題「子供たちをよろしく」)。全米一安全な街と言われたシアトルの家出少年・少女のドキュメントを通じて、問題の本質にせまり、全土における家出の抑制及び子供達に救いの手を差し伸べようという写真家の強い意志も込められた意欲作。
<Related Artists> Susan MeiselasMary Ellen Mark
<Condition> 本体:表紙少スレ、少ヨゴレ、天少シミ
地・小口少ヨゴレ、その他経年並み
order
order

TOP