プロヴォーク 1号 (初版) / Provoke Vol.1(First Edition)

プロヴォーク / Provoke

SOLD OUT
Publisher/プロヴォーク社   Published/1968
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/210*213*5
評論家で当時は写真も撮影していた多木浩二、編集者・批評家から写真の道に進んだ中平卓馬を中核にして、花形の日本デザインセンターで活躍していた高梨豊、さらには詩人で評論活動もしていた岡田隆彦の4名でスタートした伝説の写真同人グループ「プロヴォーク」の記念すべき第1号。「記録としての写真」「言葉のイラストレーションとしての写真」に対する反発が同人の共通認識としてあり、その挑発的・破壊的思想が、「1968年」という世界的な「ブレ」の期ともあいまって、「アレ・ブレ・ボケ」という前衛的な表現をも生み出しました。その後、表面的な描写のイミテーションが、「コンポラ表現」とともに写真界に蔓延、その流れは70年代まで続いていくことになります。「たしからしさの世界」を捨て続け、自分たちの「私的な世界(思想)」を追い続けた活動は、わずか一年半ほどで終わりを向かえますが、この間そして同人の70年代に残した作品の素晴らしさを思うと、このアーティストたちが残した功績は計り知れないものがあります。
<Related Artists> 中平 卓馬 / Takuma Nakahira
<Condition> 本体:カバー少ヨゴレ、天・地・小口少ヤケ・
少ヨゴレ、少ページ捲りジワ、その他経年並み
order

TOP