荒木経惟 景色 1981→1984 写真時代1985年3月号増刊

-

¥2,500 + tax

Publisher/白夜書房

   Published/1985
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/210*285*10
Google Translate
本書は、末井昭が編集長を担い、荒木経惟さらには森山大道、北島敬三、倉田精二らの作品と、グラビアヌードやエロスが混在した、伝説的な写真誌『写真時代』の1985年3月号・増刊で刊行された一冊。以下、序文より「景色を写さなくてはいけないのに、写したいのに、どうしても風景になってしまう。たとえば、妻は大景色なのに、その妻さえ風景に写してしまう。だから、長谷川明に<妻のいる風景>などと書かれてしまう。景色を写さなくてはいけないのに、写したいのに、どうしても風景になってしまう原因を考えたら、私はモノクロばかりやってるからなのだった。それは、私が写真の天才でもあるからなのだけど。モノクロは景色になりにくいのだ。たいがい風景になってしまう。カラーだったら、景色になりやすい。なんてったって色つきだもんね。で、カラーをやってみることにした」。芸術過ぎず、品のないエロ写真過ぎずという、荒木経惟独自の世界が築かれていった80年代の作品の数々。
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> 本体:カバー少スレ、縁少イタミ
天・地・小口少スレ・少ヨゴレ、その他経年並み   
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP