パリの記憶 / Memoires de Paris

高田 美 / Yoshi Takata

¥7,800 + tax
Publisher/京都書院   Published/1995
Format/ハードカバー   Pages/119   Size/243*243*15
日本の女性写真家・高田美の写真集『パリの記憶 / Memoires de Paris』。明治三大貿易商のひとつである高田商会の一族で、女優・高田万由子の親戚でもある高田美。1947年にフランス通信社東京支局に、通訳兼助手として入社してジャーナリストの世界に入り、1954年の退社後に渡仏。木村伊兵衛がパリを訪れた際には通訳として付き、木村から写真を撮ることを勧められたのがカメラを手にしたきっかけだそうです。日本の新聞や雑誌のために働く傍ら、ブレッソンやブラッサイ、ドアノーといったフランスを代表する写真家たちと交流し、また彼らを日本に初めて紹介したのも高田でした。東京やパリ、アメリカで写真展を開くなど写真家として活躍する一方で、ファッションデザイナーのピエール・カルダンに見初められ、カルダンの右腕としても活躍しています。本書は、1950年代から1981年までの写真で構成され、趣のあるパリの情景や人々を写した前半とパリで出会った20世紀を代表するような芸術家や写真家、作家などを写した後半の2部構成になっています。編集は赤々舎以前の姫野希美が担っています。
<Related Artists> BrassaiRobert DoisneauHenri Cartier-Bresson英 隆 / Lyu Hanabusa
<Condition> ジャケット:少スレ、本体:経年並み
order
order

TOP