抱擁 -Embrace-

細江 英公 / Eikoh Hosoe

¥25,000 + tax
Publisher/写真評論社   Published/1971
Format/ハードカバー&スリップケース   Pages/-   Size/380*265*25
日本を代表する写真家細江英公の写真集「抱擁」。土方巽との初コラボである1st写真集「おとこと女」や作家・三島由紀夫との「薔薇刑」など、芸術家とのコラボレーションを通じて、人間の奥底に潜む「生」と「性」の問題を追究し、自由で実験的な写真表現に尽力した細江英公。そのコンセプチュアルな作風と日本的要素を包含した作品は、戦後の日本写真を世界に認めさせたひとつと評されています。本書は、1971年に刊行された細江英公の代表作。以下写真家あとがきより抜粋「『抱擁』の強さと優しさを確かめないまま10年が過ぎてしまった。『薔薇刑』は未知との契り、『鎌鼬』は記憶との契り、といったいわば自分の中の他者との契りである。自分との契りともいえる『抱擁』を10年間果たすことのできなった理由は、ビル・ブランドのそれ(Nude)を超えることができなかったためである。今は超えた、と思っている」。
<Related Artists> 森山 大道 / Daido Moriyama細江 英公 / Eikoh Hosoe
<Condition> スリップケース:少スレ・少キズ・少シミ
・縁少イタミ、帯欠、ジャケット:少スレ・少ヨゴレ・裏面
少シミ・縁少イタミ、本体:見返し少シミ、ページ一部若干シミ
order
order

TOP