藍の華 刺青美人画帖 Tattoo Fantasy

小妻 要 / Kaname Ozuma

¥22,000(¥20,000 + tax)

Publisher/二見書房

   Published/2003
Format/ハードカバー&スリップケース   Pages/-   Size/223*295*28
Google Translate
日本の画家・浮世絵師である小妻要(1939-2011)の作品集『藍の華 刺青美人画帖 Tattoo Fantasy』。叔父の日本画家である坂井草子に画を学び、印刷会社・版画工房・画廊などで学びながらも、60年代より『奇譚クラブ』などに読者投稿をはじめ、70年代に入るとその才能が認められ、『SMキング』『別冊SMファン』『SM秘小説』などのSM誌の表紙や挿絵などを担当するようになり、緊縛や刺青などのイラストで圧倒的な存在感を示すようになりました。本作では、小妻の代表作とも言える女人の刺青画をメインに収録されている他、めずらしい風神・雷神、龍、孔雀、狼などなど、刺青以外のイメージも収録されているところも見どころです。巻末には盟友・三代目彫よしとの出会いに関するテキストや、彫り師仲間の写真図版なども紹介されています。
<Related Artists> 刺青 / Tattoo
<Condition> ケース:少ヨゴレ、本体:カバー少シミ
order
order

TOP