濹汁綺譚

荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki

SOLD OUT

Publisher/ArT ROOM

   Published/1994
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/268*198*18
Google Translate
「アラーキー」の呼称でも知られる、日本を代表する写真家・荒木経惟の写真集『濹汁綺譚』。東京都写真美術館でのエキシビションも記憶に新しい荒木ですが、これまで刊行した写真集は500冊に及ぶなど、国内外の写真界にセンセーションを巻き起こしてきました。妻・陽子との新婚旅行の写真をまとめた『センチメンタルな旅』に代表されるように、被写体との濃密な関係性で生まれる荒木の写真。本書もまた、エロティックで過激な様相を呈しながら、荒木と被写体の関係が濃密に写し出されています。元々SM雑誌『SMスナイパー』で連載をまとめたものですが、緊縛された女性たちを撮るという特異なシチュエーションに加え、プリント上で女性たちの猥褻部分を墨で塗って隠すなど加工。撮影現場でしたためた荒木の書も、トンチが利いています。生々しく、エロティックな荒木の写真に、雑誌連載ならではのパフォーマンス性が加わった一冊といえます。1000部限定。
<Related Artists> 野村 佐紀子 / Sakiko Nomura荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> プラスチックカバー:少スレ・少ヨゴレ
本体:天・地・小口薄ヤケ
order

TOP