Crusing Kingdom

都築 響一 / Kyoichi Tsuzuki

SOLD OUT

Publisher/アスペクト

   Published/2000
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/200*200*15
Google Translate
日本の編集者であり写真家でもある都築響一の写真集『Crusing Kingdom』。都築は、雑誌『ポパイ』や『BRUTUS』の編集・ライターを経て、今はなき京都書院で現代アートの作家を取り上げた作品集シリーズ『アートランダム』などを手掛けています。また、取材において写真撮影も行うようになり、雑誌で連載していた日本各地にある怪しい施設のルポルタージュをまとめた写真集『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』は第23回木村伊兵衛写真賞受賞するなど、写真家としても知られるようになりました。本書は、当時の都築曰く「つまらない閉塞的なデザイン業界」に待ったをかけるべく、「手仕事」と「素人の情熱のカタマリ」をモチーフに、世界各地から選りすぐった情熱的な「Street Design File」をテーマにした全20巻の作品集シリーズからの一冊で、本第13号は、個性的なデザインが特徴的な「アートトラック・疾走の玉座」でまとめらています。
<Related Artists> 都築 響一 / Kyoichi Tsuzuki
<Condition> ジャケット:少イタミ、本体:経年並み
order

TOP