微熱

武山 友子 / Yuko Takeyama

¥3,300(¥3,000 + tax)

Publisher/Place M

   Published/2014
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/215*263*13
Google Translate
日本の女性写真家である武山友子の作品集『微熱』。北海道生まれ、武蔵野美術大学を卒業後、カルティエ現代美術財団より推薦を受けて渡仏。アーティストインレジデンスでの創作活動も経て、2000年代より「輪舞曲」「星をよむように」「甘い憂鬱」「青に溶けた」などのエキシビジョンを、ニコンサロンや瀬戸正人主宰のPlace M、さらには地元北海道のギャラリーなどで開催してきた武山友子。女性らしい繊細な視点を持って、はかないあの時の一瞬、孤独な自身の心情を、丁寧にカメラに収めてきました。こちらは、おそらく武山のファーストブックで、20代時に撮影された図版で構成された作品集。赤い光が射すアパートに住んでいた時に、自身の心を刻むようにカメラに収めていた日常の断片が収録されており、全体的に「赤」をモチーフにした内容でまとめられています。図版を眺めながら、女性に共感できるところが多いのではないかと思われる一冊です。
<Related Artists> 石内 都 / Miyako Ishiuchi
<Condition> 本体:経年並み
order
order

TOP