街角のちいさいおうち 住まいが風景になるとき

瀧浦 秀雄 & 岩岡 竜夫 / Hideo Takiura & Tatsuo Iwaoka

¥2,750(¥2,500 + tax)

Publisher/東海大学出版会

   Published/2004
Format/ハードカバー   Pages/78   Size/138*190*10
Google Translate
本書は、東海大学第二工学部建築デザイン学科教授である岩岡竜夫と、写真家・瀧浦秀雄によるコラボレーション作品集『街角のちいさいおうち 住まいが風景になるとき』。こちらは、岩岡が都心に「一戸建て」の住居を立てるべく、土地購入から、建物・インテリア設計、そして竣工までの一連を、言葉とビジュアルでまとめたもので構成されており、東海大学出版のウェブサイト<Web Tokai>で連載されたものとなっています。間口の狭い、15坪の土地を購入し、建築専門家らしい視点で、街の風景となるような視点、また建物の内及び外を眺めたときの印象、中庭・地下室・屋根裏などのこだわり、まちとの接点・ファサードなど、様々な視点から「建築」と「ランドスケープ」について綴られています。そして、それらのテキストをビジュアルで巧みに描写した、瀧浦によるアーキテクチャー及びランドスケープ写真も素晴らしい一冊です。
<Related Artists> 瀧浦 秀雄 / Hideo Takiura
<Condition> 本体:カバー少スレ
order
order

TOP