新たなる凝視 / New Gaze(First Edition)

中平 卓馬 / Takuma Nakahira

¥22,000(¥20,000 + tax)

Publisher/晶文社

   Published/1983
Format/ハードカバー   Pages/126   Size/190*265*15
Google Translate
日本を代表する写真家のひとりである中平卓馬の写真集『新たなる凝視 / New Gaze』。2017年はRat Holeより『沖縄 / Okinawa』、18年はCase Publishingより『氾濫 / Overflow』と、没後も毎年のように写真集が刊行され、世界的にも高い人気を誇る中平卓馬。本書は『来たるべき言葉のために / For a Language to Come』(1970)に続く2冊目の写真集。77年に急性アルコール中毒に倒れ、記憶と言語に障害を残しつつ辛うじて退院。以後、ほとんど全てを忘却してしまった自身の止むを得ぬ行為として、必死に取り組み始めた写真。東松照明に憧れ、William Kleinのブレ・ボケの衝撃力に感動し、それらの模倣のような作品を造り上げてきた自身の行為を「忘却」し、撮影行為を大幅に変革。夜景撮影はやめて、ブレのない「標準的な撮影行為」のもとに創作。素朴と自負しながらも「対象を明確に捉える」という基本に忠実に取り組んだ中平の思考・行為をふまえ、タイトルは『新たなる凝視』と名付けられました。初版・帯欠。
<Related Artists> 中平 卓馬 / Takuma Nakahira
<Condition> ジャケット:少スレ、少イタミ、帯欠
本体:天・地少スレキズ
order
order

TOP