電車カメラ / Train Camera

伊藤 之一 / Yukikazu Ito

¥1,100(¥1,000 + tax)

Publisher/Wall

   Published/2007
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/143*248*10
Google Translate
日本の写真家・伊藤之一の作品集『電車カメラ / Train Camera』。1991年に日本大学芸術学部写真学科を卒業した後、博報堂フォトクリエティブに勤務。2000年より自身の写真事務所を構えて、化粧品などのスティルライフや、ランドスケープをメインとしたコマーシャル・ワークを行う一方で、90年代よりプライベート・ワークとしても個展を行なっている伊藤之一。都心の日常を独自の視点からコンセプチュアルに切り取り、これまでにも鉄塔をモチーフにした『テツオ』や、スプリンクラーをモデルとした『ヘソ』、世田谷の土俵を対象にした『Light of the Ring』などをエキシビジョンそして写真集を通して発表してきました。本書は、山手線に見立てた装丁で、開くと有楽町・新橋・品川・目黒・・・、とおそらくその土地で撮影したと思われる抽象的なカラー図版が、駅・駅・駅のように連なります。蛇腹装丁で、写真集を通じて山手線を一周するような気分を感じながらも、写っているものは写真家が感じた町のイメージがアブストラクトに描写されているユニークな一冊です。
<Related Artists> 伊藤 之一 / Yukikazu Ito
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヨゴレ
order
order

TOP