Tokyo Amour

米原 康正 / Yasumasa Yonehara

SOLD OUT

Publisher/Clear Edition

   Published/2008
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/215*285*25
Google Translate
日本の写真家で編集者、ディレクターとして活躍する米原康正の作品集『Tokyo Amour』。90年代を代表するファッション・サブカルチャー雑誌のひとつである『アウフォト / Out of Photographers』のエディターであり、コギャル・ファッション・ブームの立役者である通称「ヨネチャン」。2000年以降は、中国で女の子ブームの火付け役となり、SNSでも圧倒的な人気を誇るとともに、AKB48のビジュアルディレクターも担うなど、国内外で活躍しています。アンチ・カウンターカルチャーの帝王のごとく、従来のスタンスと異なる視点からトレンドを生み出す視野そしてセンスは卓越したものがあります。内容は異なれど、80年代の雑誌『写真時代』のプロデューサー、末井昭と同じ匂いを感じます。こちらは、2008年に刊行された作品集で、チェキで撮影した女性たちの図版で構成された一冊。モデルも写真も素人っぽさの出し方がある意味面白く、複数の図版を並べてみせるホックニーのような描写も魅力的な一冊です。
<Related Artists> 米原 康正 / Yasumasa Yonehara
<Condition> 本体:経年並み
order

TOP