Katsura 1953, 1954 Katsura Imperial Villa

石元 泰博 / Yasuhiro Ishimoto

¥3,000 + tax

Publisher/神奈川県立近代美術館

   Published/2012
Format/ソフトカバー   Pages/51   Size/300*300*8
Google Translate
戦後日本を代表する写真家のひとりである石元泰博(1921-2012)の作品集『Katsura 1953, 1954 Katsura Imperial Villa』。2021年の石元泰博生誕100周年を祝って、東京都写真美術館及び東京オペラシティーギャラリーの同時開催に加え、石元作品の大半を所蔵する高知県立美術館でもエキシビジョンが行われた石元泰博。石元の三大作品は、50年代に京都の桂離宮を写した『桂』、ファーストブックである『ある日ある所』、そして石元の第二の故郷とも言えるアメリカ・シカゴをモチーフにした『シカゴ, シカゴ』です。そして本書は、初期代表作『桂』にフォーカスしたエキシビジョンが、2012年に神奈川県立近代美術館で行われた際に刊行された大判のカタログで、石元没後まもなくのものです。35ページに渡って、図版が収録されています。当時、土門拳や木村伊兵衛といったドキュメンタリー及びジャーナリズムの先導者や写真関係者たちに、日本人にはない「デザイン的視点」で、強烈なインパクトを与えたという作品の数々です。
<Related Artists> 石元 泰博 / Yasuhiro Ishimoto
<Condition> 本体:カバー少ヨゴレ・折れ跡及び少イタミ
ページ縁少イタミ
order
order

TOP