月蝕 / Lunar Eclipse

若林 のぶゆき / Nobuyuki Wakabayashi

¥132,000(¥120,000 + tax)

Publisher/フォトジャパン

   Published/1972
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/180*258*3
Google Translate
日本の写真家・若林のぶゆきの写真集『月蝕 / Lunar Eclipse』。戦後60年〜70年代にかけてコマーシャルな世界で活躍し、多彩なクリエイティブ・ワークで独創的な作品を多数残してきた若林のぶゆき。旧約聖書「創世記」における人類の起源と言われた『アダムとイヴ』(1970)をモチーフにした作品や、家や車の中からとびだした女たちが都心近郊の様々な場所に出没して演じたハプニングをドラマ化した『アッ とびだした女たち』(1971)、さらには故郷岡山の漁港下津井を舞台にした『しもついの子供たち』(1972)等が代表作として知られています。そして本書が東京、神奈川、大阪、岡山の赤線地帯を舞台に撮影された図版で構成された一冊。50年代から60年代初頭にかけて、写真家が10代後半から20代前半の時分に、片手に収めたカメラをジャンパーのポケットに隠しながら、禁断の日常を描写。働いている女性たち、そしてそこを訪れる男性たちにとってもシークレットな世界。プロヴォーク世代以前より、アレ・ブレ・ボケの表現を先導していた作品でもあります。(The Japanese Photobook 1912–1990 収録)
<Related Artists> 若林 のぶゆき / Nobuyuki Wakabayashi
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヤケ・少ヨゴレ
見返し縁極少カケ、縁少イタミ(帯欠)
order
order

TOP