裸々裸々乱 / Naked Portraits

秋山 庄太郎 / Shotaro Akiyama

¥3,500 + tax

Publisher/朝日ソノラマ

   Published/1978
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/210*215*13
Google Translate
日本の写真家・秋山庄太郎(1920-2003)の作品集『裸々裸々乱 / Naked Portraits』。1960年代に石元泰博・奈良原一高・東松照明らが、写真界に新風を巻き起こす前の戦後期から50年代より活躍していた写真家のひとりである秋山庄太郎。特に著名人のポートレート、女性のヌード、花のスティルライフなどが代表作としてあげられます。同じくヌード作品で名を馳せた稲村隆正と共同で、戦後すぐに写真スタジオを作り、50年代には同年代に活動した大竹省二や早田雄二、そして林忠彦らと共に「二科会」の創立会員となり、戦後の日本写真の振興・発展に多大なる功績を残されました。こちらは、主に戦後より活躍した著名な写真家の単独作品集をシリーズ化した「ソノラマ写真選書」(全27号)の第23号で、秋山の主要なヌード作品が収録されています。
<Related Artists> 大竹 省二 / Shoji Otake
<Condition> ジャケット:少ヤケ・少イタミ
本体:天・小口少ヤケ、後半数ページ少イタミ
order
order

TOP