戦場からの報告 三里塚1969-1977 / Report from the Battleground Sanrizuka1969-1977(With OBI)

福島 菊次郎 / Kikujiro Fukushima

¥15,000 + tax

Publisher/社会評論社

   Published/1977
Format/ソフトカバー   Pages/207   Size/260*185*13
Google Translate
戦後日本を代表する写真家・福島菊次郎の写真集『戦場からの報告 三里塚1969-1977(With OBI)』。地元山口県で時計店を営みながら、当時アマチュアカメラマンとして被爆者を追い続けたドキュメンタリー「ピカドン(1961)」で一躍脚光を浴び、40歳を過ぎて離婚、3人の子どもを連れて上京。各地で激化する闘争問題等を追い続ける中で、国家・政府の弾圧に疑問を感じ始め、以降は学生運動、政治・軍事、公害、福祉等の社会問題をライフワークとして活動。「反体制・反国家」を過激に描写することで公安警察からマークされ、闇討ち、盗聴、時には家を燃やされながらも、自身のスタイルを貫いてきた真の報道写真家です。本書は北井一夫、浜口タカシ、三留理男ら多くのフォト・ジャーナリストが追い続けた「三里塚」を舞台に、約11年の間に撮影された福島菊次郎による記録。その間のべ50万人もの機動隊が動員され、7000名の死傷者と2500余名の逮捕者がでたという三里塚闘争。帯付。(The Japanese Photobook 1912–1990 収録)
<Related Artists> 福島 菊次郎 / Kikujiro Fukushima
<Condition> ジャケット:少ヤケ・少ヨゴレ・縁少イタミ
本体:地少スレ
order
order

TOP