フォト真 第8号 / Photo Shin 1978 No.8

-

¥10,000 + tax

Publisher/フォト真

   Published/1978
Format/ソフトカバー   Pages/128   Size/183*258*8
Google Translate
平敷兼七を中心に石川真生らも名を連ねた沖縄の写真家による私家版写真誌『美風』。1980年代の沖縄の写真を語る上で欠かせない作品のひとつですが、その10年前の70年代後半より、すでに沖縄で写真誌は誕生していました。その名は『フォト真』で本誌はその第8号。本土復帰までは「沖縄写真=米軍・闘争」と言っても過言ではないくらいでしたが、その後は比嘉康雄や平良孝七も同様に「内へ内へ」と視点を変えて、沖縄特有の文化・風俗をカメラに収めていきます。その中心を担っていたのがフォト真であり、本号でも「裏町点猫」(水島源晃)、「宮古島の印象」(津野力男)、「アンガー踊り」(平井順光)、「ユージュグヮー」(比嘉康助)などが収録されている他、特別ゲストとして東松照明の「オキナワ」、さらには写真集団「あーまん」(比嘉豊光・嘉納辰彦)の紹介なども掲載されています。
<Related Artists> フォト真 / Photo Shin
<Condition> 本体:カバー少スレ・少シミ・少ヨゴレ
少イタミ
order
order

TOP