キプカ / Kipuka(Singed)

岩根 愛 / Ai Iwane

¥6,000 + tax

Publisher/青幻舎

   Published/2018
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/230*310*23
Google Translate
日本の女性写真家・岩根愛(1975-)の作品集『キプカ / Kipuka(Singed)』。90年代後半より写真家としての活動を始めた岩根は、海外で自給自足の暮らしも経験し、過去にはフィリピンの刑務所を始め、ロシアや台湾のコミュニティなど、特殊な地で取材を行ってきました。そしてこちらが、自身が拠点にした「福島」と、日系移民のルーツを辿った「ハワイ」を巡る「旅」で、「唄 / 踊り」がモチーフになっています。第44回木村伊兵衛写真賞受賞作品。「キプカ」とは溶岩流の焼け跡の植物、再生の源となる「新しい場所」を意味するハワイ語。以下、作者によるあとがきより「日系移民が築いたサトウキビ畑の町は、あとかたもなく消え、福島第一原発付近から住人が消えた。消失と喪失の繰り返しの中で生きつづける唄は、生き残った私たちの命の種子のように、ふるさとを離れても再び広がり、黒い大地を森にする」。尚、ハワイの日系移民に関連する作品集では、十文字美信の『蘭の舟』もおすすめです。写真家サイン入り
<Related Artists> 十文字 美信 / Bishin Jumonji
<Condition> ジャケット:極少キズ、本体:経年並み
order
order

TOP