私は女流写真家 山沢栄子の芸術と自立

山沢 栄子 / Eiko Yamazawa

¥2,500 + tax

Publisher/ブレーンセンター

   Published/1983
Format/ソフトカバー   Pages/199   Size/ソフトカバー
Google Translate
関西を代表する女流写真家・山沢栄子の作品集『私は女流写真家 山沢栄子の芸術と自立』。2019年に西宮市大谷記念美術館及び東京都写真美術館でエキシビジョン「私の現代 / What I am Doing」が行われ、近年再評価が進む関西女流写真家のパイオニアです。本書は、2019年に復刻版が上梓された書籍の初版本です。1980年代に大阪府が、文化創造活動の一環として、各界・各分野で活躍する先人達を招聘して、意見・人生観を伺い、対話を通じて、今後の道標を探ろうと行なっていた「なにわ塾」の成果をまとめた「なにわ塾叢書」シリーズからの一冊です。1980年代に全5回に渡って山沢が「芸術と自立」に関して語った内容がまとめられており、そのコーディネーター・インタビュアーは、弟子であった浜地和子が担当しています。「第1回 自立の芽ばえ」「第2回 女一人の旅立ち」「第3回 体いっぱいの一生懸命」「第4回 山沢栄子と現代」「第5回 カメラで美術が可能か」。ちなみに本塾生には百々俊二や畑祥雄の名も。テキスト・文庫本です。
<Related Artists> 山沢 栄子 / Eiko Yamazawa
<Condition> ジャケット:少ヨゴレ、本体:見返し少シール跡
order
order

TOP