サッフォイズム 紅茶中毒患者の雄叫び

-

¥800 + tax

Publisher/リブロポート

   Published/1984
Format/ソフトカバー   Pages/61   Size/213*298*8
Google Translate
モロッコ出身のフレンチ・ロックのアーティスト、サッフォーのアーティストブック『サッフォイズム』。デビュー前は、演技のレッスンをうける傍ら、ギターを弾き、ストリートで歌っていたというサッフォーですが、演技ではなく音楽の道を選び、1977年に1stアルバム『Le Balayeur du Rex』を発表。ジャニス・ジョプリンに捧げた2ndアルバム『Janis』はロンドンで録音され、ニューヨークパンクのテレビジョンのドラマーであるビリ−・フィッカも参加。フランス人として初めてニューヨークのライブハウス「CBGB」でライブを行ったそうです。日本では車のCMに楽曲が使われたことでも知られています。本書は、サッフォーの初来日に合わせて発行されたもので、本人のインタビューをはじめ、楽曲の詩の紹介や本人が執筆した長編小説『甘いロマン』などを掲載。その他に四方田犬彦や歌人の塚本邦雄らによる寄稿、フランスの『ロック』誌の編集長へのインタビューなどを掲載。表紙のイラストは合田佐和子で、その撮影を担ったのは英隆です。
<Related Artists> 英 隆 / Lyu Hanabusa
<Condition> 本体:カバー少ヨゴレ、ページ一部少ムレ
order
order

TOP