山襞の村物語〈北上 1963-1973〉/ The Village Story〈Kitakami 1963-1973〉

石田 紘一 / Koichi Ishida

¥2,500 + tax

Publisher/蒼穹舎

   Published/2009
Format/ハードカバー   Pages/84   Size/230*240*13
Google Translate
日本の写真家・石田紘一の作品集『山襞の村物語〈北上 1963-1973〉/ The Village Story〈Kitakami 1963-1973〉』。東京写真短期大学(現・東京工芸大学)在学中から、『カメラ毎日』の編集部に出入りをしていたことで、フォト・ジャーナリストの第一人者であった長野重一と出会い、2年間の助手生活を経て、22歳でフリーランスに。その後、1960年代後半に訪れたインドで撮影された『バラモンとジャンタ -インド-』(1971)をファースト・ブックとして上梓、そして73年には、セカンド・ブック『写真帖 安家部落』を発表。1963年から10年近くの間に訪れた岩手県の山間集落「安家元村」で撮影された図版で構成された一冊ですが、本書はその改訂新装版的な一冊。北上山系の最北端に位置し、かつては「日本のチベット」とも言われた小さな集落。1963年当時は、電気もバスも通っていなかったという僻地で、自給自足で暮らす人々と生活を共にしながら信頼関係を築いていった石田による演出も加味したドキュメンタリーです。700部限定。
<Related Artists> 石田 紘一 / Koichi Ishida
<Condition> 本体:カバー少スレ
order
order

TOP