プリンツ21 1998 夏 アラーキー 湯河原慕情(Signed)

-

¥4,800 + tax

Publisher/プリンツ21

   Published/1998
Format/ソフトカバー   Pages/120   Size/210*278*10
Google Translate
本書は、新宿を拠点にするクリエイティブ・カンパニー「プリンツ21」が、1990年代半ばより2012年までに制作していた雑誌『季刊プリンツ21』の1998年夏号。「アーティストの現在を独自の切り口で徹底分析するエンターテイメントマガジン」のコンセプトで、様々なアーティストを特集しており、本誌は日本を代表する写真家「荒木経惟」特集。1998年春に、湯河原に新しくオープンする「ジャポニズム美術館」のこけら落としの企画「広重とアラーキー」展のために訪れた湯河原町を舞台に撮影された「湯河原慕情」と、「東京私情」と題した作品を収録。その他ビートたけしとの対談「アラキネマ vs タケシネマ」や、荒木の湯河原における撮影現場を愛弟子・野村佐紀子がルポした特集、さらには「ARAKI語辞典」「全著作・展覧会リスト」などが掲載されています。オリジナル・ポストカード付属。写真家サイン入り
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> 本体:カバー少ヨゴレ・少イタミ、縁少イタミ
order
order

TOP