寫眞藝術 第2巻第8號 / Photographic Art Vol.2, no.8

-

¥25,000 + tax

Publisher/東新商店出版部

   Published/1922
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/225*305*8
Google Translate
本書は、株式会社資生堂の初代社長で、大正から昭和の黎明期に写真の振興・発展に多大なる貢献を果たしたアマチュア写真家でもあった福原信三を中心として立ち上げられた写真同人「寫眞藝術社」より、1920年代初頭から関東大震災(1923年9月)までの短期間の間に出版されていた雑誌『寫眞藝術』の第2巻第8號。ピグメントを中心とした技巧主義的な志向への反発や、より自由な精神のもとで自由な表現を求めるべく立ち上げられ、そのような主張をメンバー撮影による写真図版や、テキストによる写真論をもって表現されました。「花椿」のシンボルマーク(福原信三デザイン)や資生堂宣伝部の立ち上げに代表されるように、信三の徹底した美意識は誌面づくりにも反映されており、ユニークなカラーによる抽象画を表紙に用い、ルノアールの絵画作品などの挿絵・口絵が贅沢に織り込まれています。編集は信三の秘書で「信三の手」とも言われた安成三郎が担当しています。(The Japanese Photobook 1912–1990 収録)
<Condition> 本体:カバーヤケ・キズ・イタミ、背イタミ
天・地・小口ヤケ、見返し縁少カケ及び少ヤブレ
ページ一部少ヤケ・少シミ・少イタミ
order
order

TOP