決闘写真論(Second Edition, With OBI)

中平 卓馬 & 篠山 紀信 / Takuma Nakahira & Kishin Shinoyama

¥3,800 + tax

Publisher/朝日文庫

   Published/1995
Format/ソフトカバー   Pages/333   Size/108*150*15
Google Translate
日本を代表する写真家である中平卓馬と篠山紀信による共著『決闘写真論(Second Edition, With OBI)』。評論家から写真家へと転身して1970年頃まで必死に写真を撮り続けてきた中平が、同じことの繰り返しに嫌気がさして、しばらく写真から離れた時期がありました。女房にも逃げられ、父から3,000円の小遣いをもらっては、ビリヤード場に通うというハスラー生活。そんな中平を写真の世界へとふたたび戻らせるきっかけとなった写真家が、巨匠ウォーカー・エバンスとウジューヌ・アッジェ、そして篠山紀信でした。その頃に篠山より送ってもらった「晴れた日」をみて、ものすごく健康的で、エネルギーに満ち溢れた図版の数々に「こういう写真もあるのか」と中平の中で写真の再発見が生まれました。そんな矢先にアサヒカメラの編集部から依頼をもらった『決闘写真論』。篠山の図版を、中平が文章でかえすという連載は1年近く続けられました。赤瀬川原平による解説。尚、初版本は、1977年刊行・ハードカバー版で、こちらは1995年に新たに出版された文庫本・ソフトカバー版です。
<Related Artists> 中平 卓馬 / Takuma Nakahira
<Condition> ジャケット:少ヤケ・少スレ
帯少イタミ、本体:経年並み
order
order

TOP