中平卓馬 一〇〇〇 / Takuma Nakahira 一〇〇〇(Second Printing)

中平 卓馬 / Takuma Nakahira

¥3,000 + tax

Publisher/1000BUNKO

   Published/2017
Format/ソフトカバー   Pages/1023   Size/103*148*68
Google Translate
戦後日本を代表する写真家・中平卓馬の作品集『中平卓馬 一〇〇〇 / Takuma Nakahira 一〇〇〇(Second Printing)』。東松照明にカメラをプレゼントしてもらい、批評家・編集者から写真家へと転身して60年代半ばより写真を撮り始め、森山大道に撮影や印刷を教わり、従来の写真概念をくつがえすべく「プロヴォーク」を立ち上げたのがその数年後。そして、1970年には個人としてのファースト写真集で、20世紀の写真史にその名を刻む『来たるべき言葉のために/ For a Language to Come』を上梓、写真家としての地位を確固たるものとしました。本書は、巨大な文庫シリーズ「一〇〇〇本」からの一冊で、2003年に横浜美術館で開催されたエキシビジョン「中平卓馬 原点復帰-横浜」展の準備時に、未発表の膨大なモノクロ作品が見つかり、おそらくそれらは、70年代後半に中平が自宅近くで撮影して自らプリントしていたものであることがわかりました。その中から「自動車」をモチーフにしてまとめられたのが本作になります。
<Related Artists> 中平 卓馬 / Takuma Nakahira
<Condition> ジャケット・本体:経年並み
order
order

TOP