1968年 - 激動の時代の芸術 / 1968 : Art in the Turbulent Age

-

SOLD OUT
Publisher/千葉市美術館 & 北九州市立美術館 & 静岡県立美術館   Published/2018
Format/ソフトカバー   Pages/300   Size/188*253*20
2018年から2019年まで、千葉市美術館、北九州市立美術館、静岡市美術館にて開催されている展覧会『1968年 - 激動の時代の芸術』。パリの5月革命に代表されるように、世界中で近代的な価値がゆらぎはじめ、各地で騒乱が頻発した1968年。20世紀の転換点ともいえるこの年は、日本でも全共闘運動やベトナム反戦運動などの闘争が各地で展開され、またアングラや前衛といったアート活動もこの頃に盛り上がりを見せました。そうした1968年を起点に、この時期に生じた様々な動向を、現代美術の視点で切り取ったのがこの展覧会で、本書は、その図録となります。冒頭を飾るのは東松照明で、対抗ページには森山大道と福島菊次郎が並び、いずれも新宿の闘争を写し出したモノクロ写真。そのほか、磯崎新、赤瀬川原平、高松次郎、ゼロ次元、横尾忠則、宇野亜喜良、寺山修司、唐十郎、シュウゾウ・アヅチ・ガリバー、土方巽、林静一、森山大道、関根伸夫ら個性的な顔ぶれが手がけた作品が豊富に掲載。テキストも読み応えがあり、歴史を知る資料としても充実した1冊です。
<Related Artists> 横尾 忠則 / Tadanori Yokoo
<Condition> 本体:美品
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order

TOP