Chelsea Hotel

Claudio Edinger

¥5,000 + tax

Publisher/Abbeville Press

   Published/1983
Format/ソフトカバー   Pages/156   Size/180*230*15
Google Translate
ブラジルを代表する写真家であるクラウディオ・エディンガーの作品集『Chelsea Hotel』。1952年リオデジャネイロ生まれ、リオの大学を卒業後の70年代初頭より写真家として活動を始め、70年代半ばよりニューヨークに移住し、1996年までアメリカで過ごしたエディンガー。その間、マグナム・フォトのメンバーで、傑作『Jump Book』を刊行しているポートレートの名手フィリップ・ハルスマンに師事。また、LifeやNewsweek等で活躍する傍ら、パーソンズやICPでも教鞭を取り、充実した活動を過ごした後、リオに帰国。以降は、地元でストリートやランドスケープなどを撮影して、2003年に作品集『Rio』を発表。こちらは、ブラジルを代表する写真集のひとつとして現在高い評価を受けています。本書は、ニューヨーク在住時代に創作され、芸術家に愛されたニューヨーク「チェルシー・ホテル」を舞台に撮影された作品集。ホテルに集う客人から、スタッフ、アーティストらを、ユニークな視点から収めたポートレート集です。
<Related Artists> 任 航 / Ren Hang
<Condition> 本体:カバー少ヤケ・少ヨゴレ、天・地・小口少ヤケ・少ヨゴレ
order
order

TOP