常世の虫 / Tokoyo No Mushi

原 芳市 / Yoshiichi Hara

SOLD OUT

Publisher/蒼穹舎

   Published/2013
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/218*263*13
Google Translate
日本の写真家・原芳市の作品集『常世の虫 / Tokoyo No Mushi』。こちらは2013年に大田通貴の編集によって蒼穹舎より刊行された写真集で「虫」をモチーフにした一冊。『日本書記』巻第二十四の中に書かれた「常世の虫」という文言にインスパイアされ、写真家と同様に本能で、巧妙な本能で動く虫たちと自身を重ね合わせるように、写真と図版で綴っています。以下、あとがきより「虫たちは、僅か一夏の命です。いいえ、数日の命です。それから比べたら、ぼくは、もう64年も生きて来ました。そのほとんどを、無為に、ボーッ、と過して来たけれど、その年月は、とても長いと感じています。後、プラスα年を生きるとしても、64年+α年は、決して、あっという間ではなかったのかもしれない、と、今、こうして虫たちの世界を見てゆくことで感じているのです。人は、死んで虫に化身するという伝説も聞きます。本当なのかもしれません。『常世の虫』を得たことで、ぼくは、とても、自由な気分を味わっているのです。
<Related Artists> 原 芳市 / Yoshiichi Hara
<Condition> 本体:カバー少シミ
order

TOP