「うらの畑の青い麦」斉藤慶子 故郷撮影小旅行

篠山 紀信 / Kishin Shinoyama

¥4,000 + tax

Publisher/ミノルタ

   Published/-
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/150*210*5
Google Translate
戦後日本を代表する写真家のひとりである篠山紀信の作品集『「うらの畑の青い麦」斉藤慶子 故郷撮影小旅行』。エロスなら荒木経惟、アートなら森山大道、コマーシャルなら篠山紀信と言われた時代もあったそうで、宮沢りえ、樋口可南子、高岡早紀といった女優のヌード作品が一般的には有名でもありますが、コマーシャル写真を極めたからこその芸術性も高く評価されています。荒木経惟の作品集のデザインを多数手がけた油谷勝海は、自著『パワー・デザイニング』(1984)で、『晴れた日 / A Fine Day』こそ写真集の教科書であると述べており、また同じく日本代表する写真家・中平卓馬も、篠山との共著『決闘写真論』等で、健康的かつ真っ直ぐな篠山の作品に敬意を示しています。こちらは、おそらく80年代に刊行された作品集で、女優・斉藤慶子をモデルにした一冊。斉藤の故郷・宮崎県の小林を舞台に撮影され、プライベート感のある内容に仕上がっています。編集・玉田顕一郎、レイアウト・太田徹也。
<Related Artists> 篠山 紀信 / Kishin Shinoyama
<Condition> 本体:カバー少イタミ
order
order

TOP