写真私情主義(Signed)

荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki

¥18,000 + tax

Publisher/平凡社

   Published/2000
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/195*270*35
Google Translate
日本を代表する写真家・荒木経惟の写真集。500冊を越えるという荒木の写真集の中で、生誕60周年記念として2000年に発行されたのが本書です。中判カメラの名機であり、荒木が1982年から日常カメラとして愛用した「プラウベル・マキナ」によって撮影された写真で構成され、約5万カットから“てきとーに厳選”し、撮影年ごとに年代順に配された201点が収録されています。本書にあたり、「私情をソーニューしたかったのだ」(帯より)とプリントはすべて荒木が手掛けたそうです。80〜90年代の写真が中心となっていると思われますが、妻・陽子や愛猫・チロを写し出した自宅での一コマをはじめ(この期間に陽子は亡くなっている)、何気ない街角やヌードや緊縛といった妖艶な女性たちの姿から、ビートたけしや森山大道などの姿も写し出されています。300ページを越える厚みの中に、荒木の主要なモチーフが出揃っているような、総集編的な内容となっており、還暦という節目で荒木自身のセレクトやプリントに込められた熱意もまた感じられる1冊です。デザインは鈴木成一デザイン室。写真家サイン入り
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> ジャケット:少スレ・少イタミ
本体:天少ヨゴレ、その他経年並み
order
order

TOP