平成元年 / The First Year of HEISEI

荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki

¥1,500 + tax

Publisher/IPC

   Published/1990
Format/ソフトカバー&スリップケース   Pages/-   Size/190*260*15
Google Translate
アラーキーの愛称で知られる、日本を代表する写真家・荒木経惟の写真集『平成元年 / The First Year of HEISEI』。下駄職人でありアマチュア・カメラマンであった父の影響を受けて写真を始めた荒木。70年代より『おー日本』『センチメンタルな旅』など、現在まで語り継がれるセンセーショナルな作品を発表し、その卓越した時に過激なヌード、人情味に溢れたスナップは世界の写真ファンを虜にしています。本書は、1990年発行の写真集で、タイトルの通り1989年の1年間のスナップで構成されています。昭和天皇が崩御した1月7日からはじまり、バルコニーや愛猫チロ、東京女子医科大学に入院することになる晩年の陽子、街角のスナップや超名人のポートレート(ジュリーや草間彌生、中上健次、森山大道と中平卓馬……)などを収録。女性のヌードが少ないのは、この時期の荒木の心情の表れかもしれませんが、何気ない街のワンシーンなどがとてもセンチメンタルな響きを持っています。昭和天皇の死から妻の陽子の死に至る平成元年という、荒木にとって特別な一年と思われる時代の記録です。
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> ケース:少ヤケ、帯欠、本体:経年並み
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP