ジャナ -The New York Girl-

折原 恵 / Kei Orihara

¥4,800 + tax
Publisher/集英社   Published/1983
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/190*265*15
日本の女性写真家・折原恵の写真集『ジャナ -The New York Girl-』。1948年生まれ、大学で文学を学び、卒業後は出版・雑誌関係の仕事をしていたそうですが、その後、フリーランスの写真家として活動をはじめ、雑誌のインタビュー写真などを手がけたそうです。1977年に初の個展「Soul South」を実施し、1979年から1981年まで渡米しますが、帰国などを挟み、現在はアメリカで活動しています。本書は、折原が最初の渡米の際に住んだニューヨークで出会った女性・ジャナとの交友の様子を写真とテキストでまとめた作品集。カリフォルニア出身で、女優志望のジャナは、テキストを追うと奔放で破滅的な印象もあり、どこか危うい存在ですが、それ故に被写体としても抜群な存在感を示しています。荒木経惟が写した陽子や古屋誠一が写したクリスティーネのように、折原とジャナにも濃密な関係性が宿っているように感じられ、自然体でありながらフォトジェニックな姿が印象的です。私小説のような折原のテキストも秀逸で、写真とともに2人の物語がとても鮮明に浮かび上がります。
<Related Artists> 沢渡 朔 / Hajime Sawatari
<Condition> ジャケット:少ヤケ・少スレ・少イタミ
本体:経年並み  ※レターパックでの配送可
order
order

TOP