海街diary

瀧本 幹也 / Mikiya Takimoto

¥2,500 + tax
Publisher/青幻舎   Published/2015
Format/ハードカバー   Pages/104   Size/213*308*18
日本の写真家・瀧本幹也の写真集『海街diary』。1974年生まれ、1994年より藤井保に師事し、1998年に独立。広告写真、写真作品の制作、コマーシャルフィルム、映画など幅広い分野の撮影を手がける瀧本ですが、「としまえんプール」や「TOYOTA」、「サントリー」、「ラフォーレ原宿」といった広告写真で話題を集め、また、2012年からは是枝裕和監督の映画の撮影を担い『そして父になる』でカンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞、『海街diary』で日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞しています。一方で作家としての活動にも注力し、2017年には建築家・コルビュジエをテーマに展覧会を開催しています。本書は、瀧本が参加した映画『海街diary』を撮影する過程で記録された写真で構成された1冊。海と山の自然美豊かな鎌倉の風景と四季折々の植物、そして家族役の4名の女優が織りなすアットホームな光景がバランスよく配置されています。巻末で是枝監督も記しているように、映画という虚構の空間でありながら、家族の空気感を丁寧に切り取っています。
<Related Artists> 瀧本 幹也 / Mikiya Takimoto藤井 保 / Tamotsu Fujii上田 義彦 / Yoshihiko Ueda
<Condition> 本体:カバー少スレ、その他経年並み
order
order

TOP