美術手帖 1996年8月号 -ラリー・クラーク-

-

¥1,000 + tax

Publisher/美術出版社

   Published/1996
Format/ソフトカバー   Pages/254   Size/140*210*15
Google Translate
美術雑誌『美術手帖』の1996年8月号。特集は、ラリー・クラーク。初映画監督作『KIDS』の日本公開にともない組まれた特集ですが、クラークの最初の写真集である『タルサ』(1971)や続く『ティーンエイジ・ラスト』(1983)といった写真集からの抜粋から始まり、美術評論家・市原健太郎による90年代のアートシーンにおけるクラークの影響についての論考、西嶋憲生による写真と映像についてや生井英考によるドキュメンタリー・フォトブックに関するテキスト、現代美術家マイク・ケリーによるロング・インタビューといった内容で構成されています。巻頭ではストリートブランド「Supreme」とのコラボレーションが記憶に新しいアーティスト/写真家のアンドレス・セラーノのインタビューや杉本博司『Motion Picture』についての論考なども掲載されています。
<Related Artists> Larry ClarkWolfgang Tillmans
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヨゴレ
天・地・小口少ヤケ、その他経年並み  
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP