日本の文様とホテル オークラ(改訂版) / The Indigenous Patterns and Hotel Okura(Revise Edition)

ホテル オークラ / Hotel Okura

¥35,000 + tax

Publisher/ホテル オークラ / Hotel Okura

   Published/1982
Format/ハードカバー   Pages/103   Size/300*228*20
Google Translate
2015年8月末日をもってリニューアルのため閉館を迎えたホテル・オークラ。「日本美術の粋を極めた日本ならではの国際的なホテル」というコンセプトの下に、産声を上げたのが1962年。谷口吉郎、小坂秀雄を中心とした設計委員会によるモダニズム建築。溝口三郎、繁岡鑒一らを中心とした意匠委員会による日本の伝統美を纏った意匠・装飾。海外の要人や有名アーティストの常宿としても知られ、トラディショナルな要素と現代にも通じるモダンなデザインは世界各国から高い評価を受け続けてきました。本書は、オークラ開業2年後の1964年に、東京オリンピック開催をふまえて、ホテルの日本的意匠及び日本の古美術のもつ魅力を広く紹介することを目的に刊行された作品集・写真集の改訂版。「日本の自然」「日本の建築」「日本の文様」「各国の意匠」の4部構成で編集されており、オークラの意匠とそれに関係のある古典美術や日本の風物が描写されています。初版にはなかった別館の図版などが追加されているほか、収録写真やプリントの風合い、さらにはレイアウトも異なっています。英語併記。1982年刊行・改訂版。
<Related Artists> 石元 泰博 / Yasuhiro Ishimoto
<Condition> スリップケース:少スレ・少ヨゴレ、本体:経年並み
order
order

TOP