アサヒカメラ 1977年4月増刊 -現代の写真'77-

-

¥1,800 + tax

Publisher/朝日新聞社

   Published/1977
Format/ソフトカバー   Pages/204   Size/180*258*10
Google Translate
本書は、カメラ誌『アサヒカメラ』の1977年4月号・増刊で、特集は「現代の写真'77」。特集1「理想の女から生身のおんなへ」では、立木義浩や一村哲也らのヌード写真、特集2「いま騒がれている問題CM映像の内幕」では、デザイナー・木村恒久や写真家・早崎治らによる座談会のテキストが収録されています。続く特集3「きょうの写真の全貌」では、多木浩二・大辻清司の対談のもと、篠山紀信や高梨豊、土田ヒロミ、秋山亮二、さらには濱谷浩、久保田博二ら15名の作品が掲載されています。その他特集4-5では、写真賞受賞作家やアマチュアの年度賞作家の作品などが取り上げられており、最後の特集7では「自費出版にみる草の根ドキュメンタリー」というテーマで、平良孝七による名作「パイヌカジ」や、足尾銅山のドキュメンタリー作品で著名な佐野聖光による「閉山日記」、さらには集団フォーカスによる「存在」などが紹介されています。
<Related Artists> 濱谷 浩 / Hiroshi Hamaya篠山 紀信 / Kishin Shinoyama森山 大道 / Daido Moriyama
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヨゴレ・少イタミ
縁少イタミ、天・地・小口少キズ、その他経年並み  
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP